ラブレ菌とアンチエイジング記事一覧

自分でもまだまだ若いと思っていても周囲からは「若づくり」と呼ばれてしまう人がいます。肌と、髪と、筋肉はどうやってもとどめておけないものなのです。そこをごまかそうとして若い人の服を着て化粧を厚く塗っても「怖い人」になるだけです。年齢対策は、外側からいじっても意味がないのです。例えば歯のホワイトニングは大変アンチエイジングに効果がある事柄です。でも胃酸の逆流があったら台無しですよね。アラサー、アラフォ...

皆様生まれたての赤ちゃんはあまり病気にかかることが無いと聞いたことはありませんか。大人より感染症にかかる率は確かに高いのですが、即病気で命が危うくなるという事はありません。お母さんの母乳を飲んでいる間は便の中の乳酸菌の量が大人より多いことがわかっています。よく離乳食などは大人と同じ箸やスプーンであげては駄目という話があるのですがそれは後から虫歯菌がうつるからなのです。お母さんのおなかの中は乳酸菌が...

私たちの周囲には沢山の感染症を起こす菌がうごめいています。普通は、白血球をはじめとした免疫細胞が菌を倒して、病気を防いでいるのですが、最近なんだかおかしくなってきていますね。まずは日本で絶滅したはずの肺病、結核の再来。次に麻疹の増加、インフルエンザの爆発的発生。昔なら何でもなかったはずの菌が猛威を振るうようになっています。何故かと申しますとね、今まで有効だった抗生物質やワクチンに耐性を持った菌が出...

今香り付の柔軟剤が流行り、好評の裏側で実は「体調不良の原因」という良くない評価が出てきています。様々なメディアがそろってこの問題を取り上げています。皆様は勘違いなさっておいでのようですが、体臭は香りをつけても消えません。その体臭と香水や柔軟剤の香りが混ざっていい匂いになればいいのですが、皆様自分の体臭を知らないのです。年齢がある程度行きますと、加齢臭が出てきます。男性の場合は特に男性ホルモンなどで...

私は、今30歳です。同級生とたまに会いますと、話のお題はいかにしてお肌を綺麗に保つかという事になるのです。ニキビ、いえいえ吹き出物と呼ばれるもんだ飲み会のあとに必ずご登場するのが20代前半と30代の違いです。胃腸の荒れていることが肌をみればわかるそうです。徹夜など怖くてできません。女子会メンバーに薬剤師の友人がいるので聞いてみましたが、実は市販の化粧品は成分の違いこそあるものの、機能的には値段は関...

このサイトをご覧になられている方の中には女性もおいでかと存じます。実は乳酸菌の仲間は女性にとって減ってしまうと死活問題の菌なのです。私たち女性の膣や子宮は排卵期以外は弱酸性に保たれています。そこに住んでいるのが数種類の乳酸菌です。彼らが、粘膜を守ってくれるので悪い菌が増えないのですね。カンジダ膣炎などの患者さんには乳酸菌による治療が行われることがございます。ラブレ菌自体が膣で働くことはございません...