アンチエイジングは体内から

自分でもまだまだ若いと思っていても周囲からは「若づくり」と呼ばれてしまう人がいます。肌と、髪と、筋肉はどうやってもとどめておけないものなのです。そこをごまかそうとして若い人の服を着て化粧を厚く塗っても「怖い人」になるだけです。
年齢対策は、外側からいじっても意味がないのです。例えば歯のホワイトニングは大変アンチエイジングに効果がある事柄です。でも胃酸の逆流があったら台無しですよね。

 

アラサー、アラフォー、アラカンという言葉がいまブームのようですが、年齢は外側だけではなく、内側からもやってきます。こんなことに思い当たりがございませんか。後輩に付き合って脂っこいものを食べるのが辛い。宿酔いになることが増えた。お通じが来ない。肌荒れが治らない。朝起きられない。口臭、加齢臭が気になる。風邪を良く引くようになった。それは体の老化サインですね。
私たちの身体は、本人が休んでいても内臓が動く習性がございます。胃腸もそうですね。私たちが意識しなくとも消化をしています。でもその内臓機能、年と共に動きが悪くなってくるのです。
ラブレ菌は胃や腸に棲みつく善玉菌で良く働いて調子を整えてくれます。胃腸がしっかり栄養を吸収できれば、疲れが取れたり、動きやすくなったりするそうです。後はお肌の張りも変わりますよ。ダイエットには胃腸を整えることが大切ですし。ラブレ菌をはじめとする善玉菌と仲良くして、いつまでも健康で楽しく過ごしたいですね。

関連ページ

加齢と腸内の善玉菌
皆様生まれたての赤ちゃんはあまり病気にかかることが無いと聞いたことはありませんか。大人より感染症にかかる率は確かに高いのですが、
免疫力を高める
私たちの周囲には沢山の感染症を起こす菌がうごめいています。普通は、白血球をはじめとした免疫細胞が菌を倒して、病気を防いでいるのですが、
体臭に悩んでいませんか
今香り付の柔軟剤が流行り、好評の裏側で実は「体調不良の原因」という良くない評価が出てきています。様々なメディアがそろってこの問題を
肌あれと乳酸菌
私は、今30歳です。同級生とたまに会いますと、話のお題はいかにしてお肌を綺麗に保つかという事になるのです。
女性と乳酸菌の関係
このサイトをご覧になられている方の中には女性もおいでかと存じます。実は乳酸菌の仲間は女性にとって減ってしまうと死活問題の菌なのです。