腸内フローラとは

腸の中には沢山の菌が棲みついています。その数100兆。腸の中にはお花畑があるのです。咲いているのは菌というお花ですが。お菌畑という感じですが、種類が沢山あるからと学者が付けたようです。皆様、高山植物の群生を見たことはお有りですか。丁度そんな塩梅で小腸と大腸の周辺に菌の寝床があるのです。
通常は、善玉菌が2、日和見菌が7、悪玉菌が1程度が理想的だとされています。この腸内フローラが、肌やお通じ、免疫力、がんの予防などの大きなカギになります。ラブレ菌サプリメントはここにラブレ菌を送り込むことでバランスをよくするものです。

 

そういえば皆様、この腸内フローラにあたるものが犬や猫にもあることを御存知ですか。おなじ脊椎動物なので構造が似ているのです。私は猫を飼っていますが彼女の腸内細菌は優秀。便を調べてどれぐらい悪玉菌がいるか獣医師に教えてもらったのですが、ドクターは半ばあきれ気味に「乳酸菌しかいません」と回答しました。乳酸菌が元気すぎて悪玉菌が殆どいなかったのです。羨ましい限りです。
ラブレ菌のサプリメントは犬用のものもございます。近頃のペットは、様々な人間の食事をもらいますので乳酸菌が育たず、お腹が弱いことが多いのです。後、母乳を飲まず母親から引き離されますと、人も動物も免疫が落ちると言われています。でもなかなか母乳保育は上手くいかないもの。一緒にラブレ菌を飲んで飼い主もペットも健全な腸内フローラを形成したいですね。

関連ページ

ストレスと過敏性腸症候群
各駅停車症候群。皆様はこんな病気の名称を聞いたり読んだりしたことはございませんか。正式には過敏性腸症候群です。
ピロリ菌と日本人
私たち日本人と、深い関係にあるのがヘリコバクターピロリ。この菌を胃の中で知らず知らずのうちにペットにしているのが日本には
お通じはどうですか
少し、尾籠な話ですが、皆様お通じのあとご自分の便を確認しておいでですか。便の色や性状はその人の腸の内部の様子を物語るものです。
食物繊維と乳酸菌
乳酸菌を主体にした健康食品の中には食物繊維を配合したものが多く見うけられます。何故かと申しますと、この両者は相性がとてもいいからです。