ラブレ菌とは

最近ラブレ菌配合をうたう食品のCMが沢山流れていますね。サプリメントの他に、ゼリーやヨーグルトなどもございます。菌と言いますと、除菌、減菌など叩きのめさないといけないと思われがちですが、ラブレ菌は人間の身体に棲みつきいいことをしてくれる菌です。

菌の定義は様々ですが、他の生物の身体に住んでその食物や養分を分解する微生物の総称です。細菌と呼ばれるものと菌類と呼ばれるものがございます。菌類の代表格はキノコとカビ類です。彼らが他の生物の死骸を分解するので、森の地面は豊かに保たれています。

ついでに書きますと、シイタケ菌はエドデスという名前が付いています。海外の学者が付けた「ザ、日本」という名前です。ラブレ菌も元は日本文化に根差した菌です。アスペルギウスオリゼーなどもしょうゆやみそに関わる菌なので身近にいますよ。

 

ラブレ菌の正式名称はラクトバチルスブレビスサブスピーシスコアギュランスです。ラクトバチルスはラクトバシリスとも呼ばれ、グラム陽性桿菌の仲間です。グラム染色という試験をしますと青から紫に発色するのでそう呼ばれます。
ラクトバシリスの仲間は、乳酸菌に区分できることが多いのです。このラクトバチルス属のお仲間にはサプリメントや食品になっているものが多いのです。ラクトバチルス、カゼイシロタなどが有名ですね。このようにラブレ菌のお仲間は、私たちの身近にいる菌です。目には見えませんが、生活を守ってくれるのもまた菌です。

 

ラブレ菌を多く含む食べ物など

ラブレ菌を豊富に蓄えているものというとやっぱり京漬物の「すぐき漬け」のようです。京都の漬物の三大漬物の中の一つに入る「すぐき漬け」、どこで買えてどのぐらいの値段がするのか気になりますよね。

 

販売店によって金額は違ってくるかと思いますがネット販売をしているお店も増えてきているようです。ある漬物屋さんでは1キロで3,200円ぐらいで売っていました。
塩に漬けて作られる漬物ですから酸っぱい味がします。京都の男性は他の地区に住む男性に比べて長生きなのはこのすぐき漬けをいつも食べてきたからといわれています。

関連ページ

乳酸菌の仲間です
ラクトバチルス属に属するラブレ菌は、植物を発酵させる乳酸菌の仲間です。動物性のものですとヨーグルトを作るビフィズス菌なども乳酸菌の仲間です。
すぐきとラブレ菌
読者の皆様は、お漬物はお好きですか。我が家では夏の間、自家製の漬物が必ず食卓に上がります。
食中毒防止にラブレ菌
私の周囲には、数人の児童教育の関係者がおります。冬になりますと、皆様ピリピリなさいます。